FC2ブログ

国際結婚 中国ブログ国際結婚情報&写真 

中国女性と国際結婚 安心できる業者選び 中国情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国国際結婚のすすめ

私は中国女性と結婚し現在も仲良く暮らしております、中国人と結婚(うさんくさく)思われる方も多いとは思います、それは人の噂や、人目を気にするから、又は昔の人は(戦時中)中国人に対して偏見があつた事は事実だと思います、しかしそれも戦時中の教育、国策のための(世界中)どの国にも存在していた事に気づいてほしいと思います、人の良し悪しは、その国では無く個人の問題です、わが国の女性は全て大丈夫とは言いきれないように、どこの国であろうが、地域であろうが、一人一人考え方が違い一概に決め付ける事は現代社会人としていかがでしょうか。 只、ひとつ言える事は国際結婚となると、なかなか出会いや、個人で現地へ出向き友人からの紹介、又は恋愛は非常に困難なことです、だから国際結婚の仲介を請け負う業者に紹介してもらう事になると思います、私もその経験者の一人です。 噂ほど悪い業者は少ないのであまり神経質に成らなくても大丈夫だと思います しかし、少ないとわいえ有るのであれば注意は必要です。 では、(見分け方)中国国際結婚については、会社の規模が大きいとか、長年 やっているいるとか、はまったく関係ないと言い切れると思います、あまりにも商売的感覚で事を進めたり、又は国内結婚相談所経営者が乗り出している事がそれに当てはまると思います。 国際結婚はその自身が国際結婚の当事者で有ることが必要になると思います、真実自分の経験や中国女性との生活、色々な壁を乗り越えた中でリアルな助言 やアドバイスができるのではないでしょうか。 とりあえず結婚させて終わりでは無いです、商売的感覚のみの経営と言うわけにはいかないと思います、そこを良く見ぬく事が肝要、どの業者も同じように 良い事をならべ、判断がしずらいのは事実です。 料金があまりにも安すぎは注意!後でなんだかんだと要求があり結局は高くついてしまったケースはよく聞きます、逆に高い所は関節的に費用が掛かる大手に多く全て間接的な業者に任せていたり、(社員)を使っているためよけいな経費まで上乗せしている為です。 いずれにせよ、自分自身が国際結婚をせずに人に勧めるのは? 商売としか考えておらず、無責任な業務を行っている事に気がついた方は良く考えて業者選びをされて見ては如何でしょうか。 日本マリッジパートナー国際結婚中国  hpimag7.jpg
スポンサーサイト

私の国際結婚体験記

私は現在満50歳になります、永い間サラリーマンを続け毎日、仕事中心に生きて来ました、私達の年代の人に多いのではないでしょうか、仕事をしている時が一番安心みたいな、特に趣味も無く会社の仲間にゴルフを勧められ少し始めるも、あまりにも難しいスポーツでいつも帰りに反省ばかり・・・仕事では負けないがゴルフは別ですね。結婚したいと思ったのは40過ぎてからでした、当時仕事の関係で埼玉県の大宮市に住んでいました、(1LDKの賃貸マンション家賃会社負担)40過ぎて仕事から帰り誰も待たないアパートに帰るのが寂しくなったのか一杯やってから部屋へ帰るようになったころ同僚に勧められ、とある結婚相談所へ登録してみました
入会金、月会費と年会費たしか15万円ぐらい支払った記憶があります、中年のおばさんが二人ほどおりまして、口早に説明をしていましたが、ほとんど最近の女性は難しい、理想が高いと時間をかけてながながと聞かされ、まずはお見合い相手を
決めて、まずは見合いをする事にしましたが一人目の相手がNOでした、後日リストを自宅へ送るので数名選んで連絡とのことで待ちましたが、2週間してもリストが届かず、こちらから連絡すると、とっくに出したとの事で待ちました翌日確かに届きましたが出した日付が昨日になっており入会時の話よりかなり、ずさんな運営だなーと落胆し中を見て又ビックリ私より年上、再婚者、子持ち、どう見ても男が寄り付かないような女性のリストがほとんど、でもその中で、まあまあの方3名を選び見合いだけでもと思い連絡するが、そのうち2名はNOでしたが、やっと初見合いができる事になりました、お相手の都合で平日にしかできないとの事で会社に有給を出し日取りを決め、しかも相手が横浜に住んでいるので横浜まで出向きました、午前中の見合いでしたので、いつもよりかなり早起きをして向かいました。約束の場所に彼女はおりました、写真よりかなり老けて見え少々がっかり(38歳)再婚子供なし、私は初婚でしたので、ぎりぎりの選択でしたのに、まずは昼も近いしレストランにでもと誘うが食事はしたくないと言う、私は朝早くから電車に乗り継ぎ、きたので、はらぺこ状態でしたが、喫茶店へ行くことにしました、色々と話掛けてもうなずくだけで話が続きません、良く見ると前歯が虫歯でかなり欠けており、だから口を開けて話が出来ないことに気づきました「フー・・・」ため息が自然に出てしまい失礼をしたかもしれませんが、その時あの相談所のおばさんの顔がよぎり、何故か笑いがこみ上げ腹が立ちました、そして翌日見合い料の1万円を振り込み相談所へ今回の女性は断りたいと電話をすると、相手も断っていたそうです、おばさんは又リストを送ると言ってましたが、私としてはもうウンザリでその場で解約したいと告げましたが、しつこく色々言ってましたが、入会時の支払った(システムで返金は無い契約)お金と見合い料2ヵ月分の月会費、たった一回の形ばかりの見合いで20万円弱かかりました。(思い出した事で見合いの女性が面白い事を言いました、その女性はこの相談所で20回見合いしているそうです)?このような、会員にパーテイー参加料、見合い料で時間稼ぎをして会員から少しずつお金を支払わせ気がつくとかなりの出費があり最後には結婚できない相談所は日本各地に永く存在し又は規模を大きくしている所も存在していると自分の体験で理解しました、良い勉強になりました。
hpimag17.jpg


それいらい又仕事に打ち込み数年が立ち50に近くなり、定年後や両親が息子が結婚できてない事の心配等、本気で結婚を考えるようになり、以前のような事はしたくないし、私自信の性格も有りますが、とにかくめんどうな事は嫌いです、若者のように、出会ってデートをかさね、クリスマス、誕生日プレゼント、そしてプロポーズ、相手がYESかNOで、NOなら又振り出しへ・・・・、はもう正直言ってめんどうでした、今の奥さん(中国人女性)にはわるいけど、でも周りにいる女性達は20代はおじさん、30、40代は結婚済みと状況はかなり厳しいものがあります、飲み屋さんの女性は所詮遊び、或ときネットで結婚で検索中、中国女性との国際結婚のサイトへ行ってしまい、のぞいてみると色々と有り沢山のサイトを調べましたその中で女性も多く掲載登録してそうで、料金的にも安すぎ(安かろう悪かろうでは?)でも無く高すぎでもなく、安心できそうな、中堅の業者に目が行き、まずは話だけでもと思いメールや電話で話をしてなかなか安心できそうだったので
休日を利用してその会社まで出向きました、ネットのイメージとは違い普通の一般的なマンションでした、入り口には社名がありましたのでまずは訪問、60代の太った男性でした、オフィス兼自宅と言うことでもう20年この業務をしているベテランとの事、私は質問で一番に聞いた事今でも忘れないです「本当に結婚できますか?」
返事は「よっぽどの事が無ければ100%できます」本当に言ってるように見えたので、次の質問「この結婚には愛はありますか」返事はもちろんあります、犬や猫をもらいに行くわけでは無いと少し叱られ、又こうも言ってました、確かに色々な
噂や報道が有り迷惑している、最近悪い業者も確かに多くなっている結婚を日本上陸の手段に考える女性と知っていながら平気で又は全てを中国の仲介ブローカーに
やらせて写真だけを送らせてネットに掲載している業者がほとんど、そうなると中国のブローカーは女性から日本へ行く為にと多額の紹介料を取るか借金させている所も有る、等とこの社長は私に全てを話し、「そう言う事も有るよ」と軽く言う、ほんの少数だとしても有っては行けない事と思う、私は「社長の所はどうなんですか?」うちは大丈夫!ある程度正直そうに感じたので面倒くさがりやの私は、ここに決めました、写真を見て5人ほどに絞りその日は帰り5日後ぐらいに電話で「5名とも見合いOK」と連絡が入りこの速さに驚き私の性格にピッタリ、待つことが歳のせいか一番嫌なので、渡航日を決め(この時は2週間で見合いから結婚まで)のコース、一回で人の良し悪しは判る自信もあり何度も仕事を休めないし、私の性格にも一回コースがよかったのです(今は入管の関係で最低2回は渡航したほうが良い1回では許可が出ないことも有るため)
私は渡航前に中国の現在文化や現代人の考え方、等数冊の文献を読み、ある程度は理解して訪中に望んだ為に、かなりスムーズにスケジュールが運び付き添いの社長は、こんなに楽な事はなかったと言っていました、もともと面食いじゃないので(うちの奥さんには悪いけど)性格重視で5名に会いその中で一人決め現在の妻です
言葉、文化、食事、細かいことは有りますが、初婚で私より20歳下の奥さんです
妹に教えるように少しずつゆっくり教えて上げれば数ヶ月で日常のコミュニケーションや味噌汁、日本料理など問題無くできます。
hpimag11.jpg


私の経験から一言
(美人すぎ)化粧が上手い女性は要注意(水商売、中国ではウエートレスと言う)
(日本語が上手い)は要注意(過去に日本人と結婚、離婚してる可能性有り)
*ほどほどに若くてスタイルの良い性格が明るい女性は沢山いますので焦らない事

私のように面倒くさがりやには国際結婚は最適だと思います、なぜ?日本女性はわきまえも無く男性に求める物、理想がかなり高くなっています、やっとお眼鏡にかない日本人女性との結婚となると、やれなんだかんだと少なくても350万円~500万円ほどは女性の希望に合わせると当たり前の時代、この費やす時間とお金は私には納得できなかった、(本音)でその後、世界でも1位2位を争う離婚率、どうなってるのか?私の場合すべて合わせて250万円ぐらいで済みました、この辺から見ても私にはピッタリでした。中国女性は見た目や年齢はこだわりません、一般的な普通の生活ができ家庭と花嫁を愛する気持ちさえあれば年齢差や再婚、子持ち、両親同居等ほとんどOK!貴方との結婚に喜んで同意してくれます、日本にあこがれを持っています、文化の進んだ先進国の男性と結婚したいと心から思ってます、日本の女性には失礼かもしれませんが、年齢、スタイル、賢さ、は日本女性の2ランク3ランクは上です、中国も今や世界が注目する経済大国になろうとしております、数年後には中国も日本にならぶ先進国になるでしょう。
今、結婚の縁は世界中にあると考えて視野を広く見てはいかがでしょう。
食と歴史の国、中国から最適な心優しきパートナーを探してみては。

中国女性と真面目に結婚を考える方ぜひご欄になってください。

 日本マリッジパートナー 代表 多田誠司

国際結婚中国

中国女性との結婚メリットと不安

 (メリット)
日本女性と結婚する場合には、出会った時からのデート、誕生日やクリスマスプレゼント、
プロポーズしてOKかNOとか女性の両親への挨拶、結納、結婚式の打ち合わせ、仲人さん決め、結婚式、新婚旅行、新居の準備、など途中で面倒臭くなってしまうぐらいの時間や手間と費用が必要であるが、国際結婚の場合には、この内の多くの部分を一括して紹介
者に任せることができる、又総費用で考えても平均的な国内結婚の半分以下に押さえる事
も十分可能であるから、貯金の少ない男性や面倒臭がりやの男性にはもってこい。
hpimag12.jpg


(疑問、不安)
 お嫁さんが逃げないだろうか?
逃げる意味には2つあります、1つは手続きが全部終わっているのにいつまでたっても来日しない、来日はしたけど早々に姿をくらました、などです。これは個人
の紹介や、いわゆる悪徳紹介業者による紹介で結婚した場合に見られることです。
国際結婚したカップルの割合から言えばほんのわずかですが、注意するに越した事はありません、この場合最初から日本へ来る事だけが目的で、結婚はその手段にすぎないと考えざるをおえません。中国女性からも紹介者が多額の報酬を受けとっている事や、元々紹介者が「日本へ行く為に結婚したら」と女性に勧めていることが
考えられます。

また、女性に男性側の現状を正しく伝えておかず、来日時に女性が現実を見て大きな違いにショックを受け、「だまされた」と考え逃げ出す場合もこれに含まれますなんとか話をまとめようとして男女双方にいい話ししか、しない事によるものです。
「これを防ぐ方法は、最初の段階で紹介者を厳選することに尽きます。」

 逃げる、のもう1つは日本人同士であれば「離婚した」と言われるものが国際結婚では「嫁さんが逃げた」と言われることです。これには、男性やその家族が女性の気持ちを汲みとってあげることができず、話あってもムダと女性が考え家を出て行くケースが考えられます、「釣った魚に餌はいらない」式の考えがすくなからず日本にあることは残念です。
日本での生活になるわけですから、彼女が日本の習慣を身につけなければ成らない事は事実ですが、すべての事を急に覚えられるはずがありません、言葉が通じなくてもコミュニケーションをとる努力を怠ってはいけません、また、家族以外に彼女が気軽に相談できる日本人の友達を作ることができるようにしてあげることも大切
です。
日本人のお嫁さん、ましてやお父さん、お母さんの時代のお嫁さんと同じように考えていたならば、うまくいくはずありません、相手を理解できない、相手の立場に
立って物事を考えることの出来ない男性は、国際結婚は基より日本女性とも結婚生活を維持して行くことは難しいのではないでしょうか。
hpimag14.jpg


 言葉や習慣の違いは大丈夫か?
通常、中国在住の女性の場合は、中国での結婚手続き後数ヶ月は現地で日本語を学ぶ事ができますが、そのレベルは千差万別です、日本の習慣についてはほとんど理解する事なく来日するケースがほとんどです。正常な家庭生活を送っていれば、半年から一年で日常会話は問題無くできるようになりますし、日本の生活習慣にも慣れてきます、日本語や日本の習慣を学ぶのは家庭内が最適です、そのために男性や家族が女性とコミュニケーションをもつことです、日常生活を通じ、また余暇を最大限に利用して一つ一つ根気良く教えてあげることがなによりです、辞書や教科書を使い筆談を交えたり電子辞書を使うとマスターできるようになります、最寄の日本語学校はなるべく避けたほうが良いとおもいます、それは日本の日本語学校は色々な国々の人が来ます価値感や国の事情も違い又は中国人どうしでも立場が違う場合、間違った情報を間に受けたり、中には不法滞在者等、善人ばかりでは無いと思ったほうが無難です、ストレートに言うと悪知恵を吹きこまれる可能性が高いからです、近所の同国人、中国での日本語学校のクラスメートも要注意なぜなら自分の主人を一番に見せたいから、「私の主人はお金持ち、何でも買ってくれる、中国に家を買ってくれた」とか、大げさに話すので、それを聞き自分と比較して不満を持つからです、只、クラスメートとは同じように日本人と結婚した事の連帯感はどうしても有ります、「連絡をするな」と言うのも可愛そうです、良く判りやすく時間をかけその意味を伝えることが大切です特に中国人は面子と見栄は強いと思います、良く理解すれば自然に連絡をしなくなります。
全てを否定、禁止する事は逆効果にもなりえます、時間をかけて話せばきっと理解
します。
特に中国の両親への国際電話は許してあげる事が大切です、今は格安の国際電話
カードやインターネット無料電話等が有りますので心配はいりません。
imag1


 日本人と結婚を希望する理由は?
日本人女性も同じで経済的なものが最大の理由だと思います、もし日本が中国より
貧しい国であれば、日本人男性と結婚したいとは考えないでしょう、今より豊かな
生活と希望あふれる未来を夢見て日本へやって来るのです、日本は清潔で文化が進んでだ先進国と言うイメージを膨らませています、又は日本人男性は中国人男性よりも勤勉だと言う事もあります。
人によりそのレベルが違います、どのような生活レベルを求めているのかは事前に
お見合いの席で質問などで把握することが重要です。
只、言えることは日本人女性の望みと比較するなら、ほんとうに可愛いものなので
心配は無用だと思います。


中国女性と安心、確実に結婚を望む方必見!

日本マリッジパートナー 代表 多田誠司
国際結婚中国

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

多田 誠司

多田 誠司

* 最近の国際結婚情報
* 運営者多田のコメント
* 中国情報と感想文&写真
* おすすめ女性会員のアップ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。